ルチカ、パルナート・ポックなど★宝箱みたいなアクセサリーショップ【クイール・キャラメリゼ】







カートの中身

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

メールマガジン


店長コーナー

キャラメリゼ

cuir carameliser(クイール・キャラメリゼ)が大事にしていること。

ハンドメイドのあたたかさ
お気に入りの素材
長く愛用出来る使い勝手の良さ
ちょっとした遊び心

女職人としての感覚を楽しみながら、皆様に気に入って貰える物作りを目指して、日々製作しています。

店長日記はこちら

モバイル

売れ筋商品

Feed








パルナート・ポックのアクセサリーのモチーフとなるのは、

夢の中のようなメルヘンチックな世界。動物や子供たち。

その生き生きとした表情や、しぐさの一つ一つがかわいらしさに溢れ、作り手の愛情の深さがうかがえます。

付けると見えなくなってしまうような指輪の裏側や、ペンダントトップの裏面。

チェーンの形状。そんな細部にまで、細かく丁寧に作られた形。

やわらかでやさしい色合い、まるで絵本から抜け出てきたような

温かみのある雰囲気を持っているアクセサリー達です。



















水面がキラキラと輝くようすを意味する言葉…


‘luccica(ルチカ)’


いつだって輝いている女性のための、可愛いくて、お手ごろで、毎日が楽しくなるようなアクセサリー。

ガーリーなモチーフや、レトロライクなディティールが特徴です。

働く女子のための、着まわしコーディネートの介添え人。




















英国シルバー ラッキーチャーム

イギリス生まれの、小さな銀のペンダントトップ。

それらは幸運を呼び込むモチーフ、友情の印、愛の印や安全を意味するもの。

開くと中から小さなうさぎさんが現れる。手を揺らすと目の表情が変わる。

近くで見たり、その手に取った人だけが気づくその精密さ。

動きがあったり開いたり、思わず笑顔になってしまうような楽しい工夫。

緻密で温かみを感じる立体的な造形は、どの角度から見ても楽しめる作りになっています。

ネックレスに、ブレスレット、リング、ピアスやイヤリング。

あなたのお好みのスタイルで、いつもあなたのそばに。


















革靴のネックレスは、きちんと左足と右足のデザインで一足。

ミニチュアバッグには、手縫いで縫い付けられた小さなポケット付き。

人の手で一目一目刺繍したとは思えないような、小さな小さなクロスステッチ。

ミクロの世界にこそ生きるこだわりが詰められた、ハンドメイドの革製品たち。











蜂蜜を練るような制作過程から生まれる、

同じ形は一つとしてない立体的な樹脂に自然造形美や遊び心を織り交ぜ、

非日常的な冒険心を満たすユニークなアクセサリーを目指しています。


























携帯電話からご注文の方は、mari_t88@hotmail.comからのメールの受信設定をお願い致します。


新着情報

携帯電話からご注文の方は、
mari_t88@hotmail.com
からのメールの受信設定をお願い致します。

最近、当店からのメールが
届いていない方が増えております。
ご注文メールには必ずご返信しておりますので、
メールが来ない方はお電話にてご連絡下さい。
090-2822-3030

■新着情報■

ご来店は要予約
来店ご希望の方は、事前にご連絡下さい。

7月24日 和道工房再入荷予定

7月22日 クリング商品再入荷

7月22日 ルチカ新商品入荷

7月20日 パルナートポック
再入荷

7月19日 パッショーネ
新ブランド入荷

5月30日 新HP公開 開始

会員登録された方限定のセール割引など、
お得な特典が沢山ございます!
商品ご購入時に会員登録可能です。

新規入荷商品

おすすめ商品







    クイール キャラメリゼの在庫は
    店頭在庫と共有しております。

    その為、お客様からご注文頂いた
    際に店頭にて同商品が売れ、
    在庫がなくなってしまう場合も
    ございます。

    その場合は
    お取り寄せとなります。

    ご注文いただきましたお客様には
    大変ご迷惑をおかけ致しますが、
    何卒ご了承くださいますよう
    お願いいたします。





    店舗道案内


    ご来店ご希望の方は、
    事前にご予約下さい。
    090-2822-3030


    いつ蔵が建てられたのか、
    家族の誰もが
    はっきりとは覚えていない
    といいます。

    おそらく、
    築100年ぐらいなのではないか、
    と聞きました。

    家族の歴史を示すものが、
    とにかくたくさん
    詰め込まれていました。

    昔ながらの作りの
    立派な布団箪笥、

    メンコ、五つ玉のそろばんや
    『His Master's Voice』の
    ニッパーの陶製の置物。

    父が子供の頃に
    使っていたという
    古い木の机。


    叔母のノート、
    習字が得意な
    彼女の文字が書かれた半紙。

    探れば探るほど
    今では見かけなくなった古い
    いろんなものが出てきて、
    宝探しめいた
    気分になりました。

    もう長く放置され、
    床はたわみ、
    物置のようになっていた
    白壁の蔵。

    厚く埃をかぶった
    たくさんの物、
    薄暗い電気、

    普段誰も入らないせいで
    しんと冷えた空気。

    長い時間が経ち、
    そのどれもに
    神が宿っているのではないか
    と思えて、
    心の中で問いかけました。

    家族の思い出や
    歴史が刻まれたこの建物に、
    私の歴史も
    付け加えさせてもらって
    構いませんか?



    祈るような思いで掃除をし、
    家族や周りの人々の協力を得て
    オープンさせることができた、

    アクセサリーと革製品の店
    「クイール・キャラメリゼ」

    周りにあるのは、
    タニシやザリガニがいる水路。

    近所のおばあさんが
    野菜を育てている畑。

    夏の夜には
    周り中でカエルの大合唱。

    秋には彼岸花が咲きほこる
    あぜ道。

    虫の声。

    道といえば、
    車一台通るのが精一杯の
    細い道。

    まるでトトロの住処のように、
    なかなか見つけられない場所。

    宝物を探すように、
    隠れ家のようなこのお店を
    探しに来てください。

    クイール・キャラメリゼ

    ピックアップ商品